2008年度 基本資料
理事長所信
《はじめに》
青年会議所には三信条(3原則)というものがあります。これは1950年にJC運動の行動綱領として私たちが知っている綱領、JC宣言よりも以前に採択されました。
トレーニング(個人の修練)・サービス(社会への奉仕)・フレンドシップ(世界との友情)。
この三信条はすべての青年会議所の活動の一番の原点であります。諸先輩方も同様に、この言葉のもと活動してきたはずです。そしてこの言葉をもとに「明るい社会を築くこと」を目標に頑張ってこられました。当然私たちもこの目標に向かって頑張らなくてはなりません。

《創立40周年を迎えるにあたり》
(社)羽島青年会議所は1968年に設立され、今年で40年を迎えます。これは先輩方々が、確実に地域に根ざした活動を行ってきた積み重ねの結果であります。
毎年行われる一つ一つの事業は、その年、その時期に即した適切な事業であったと思います。その一つ一つの事業が連なりまた、それが一年の活動になり、その積み重ねが40年という歴史を築き上げました。現在活動している私たちも一つ一つの事業を真剣に考え、その考えをさらに繋げていきましょう。
この歴史と伝統を十分尊重したうえで、現在があるということを認識しこれを未来へ繋げていかなくてはなりません。

《すばらしい仲間とのつながり〜会員を増やして行こう〜》
組織にはいろいろな目的、目標があります。私たち(社)羽島青年会議所の目標は「この地域(まち)を明るく豊かにすること」です。そしてそれを達成するために様々な事業を展開していきます。しかし、その過程で忘れてはならないのは、組織の根本は人であるということです。どんな優れた組織でも、システムでも、それを稼動しているのは人であるということです。
どんなときでもメンバー全員で意見を出し合って、また一人一人が情熱をもって事業に取り組み、協力し励ましあい、時には個性を生かし、そんな息のあった仲間、そんな人と人とのつながりが見える仲間でありたいと思います。
私たちはこの地域(まち)を豊かにする為の事業を展開しています。この活動はこの地域(まち)にとって大変重要なものです。ですからこの活動を維持、継続していかなければなりません。そのためには、今より多くの仲間が必要です。わたしたちの仲間をどんどん増やしていき、もっと多くの仲間たちと共に未来に向かって羽島JCを、また地域(まち)を盛り上げていきたい。

《公益法人としての役割》
(社)羽島青年会議所は公益法人の社団法人であります。その事業内容も「地域のためのまちづくり」であり、「ひとづくり」を長年展開してきました。
そんな折、平成18年より公益法人改革が進められました。その結果として会計処理や、事業のあり方の異なる一般社団法人と公益社団法人に区別されることが決まりました。
(社)羽島青年会議所は事業の内容からこの公益社団法人の取得を目指していこうと考えます。
そのためには、今一度現在行っている事業が本当に地域のためになっているのか、また会計処理が的確に行われているか、など考察する必要があるかもしれません。
また、公益法人としてこの地域(まち)が発展できるような積極的な情報発信も私たちの活動の情報公開とあわせて必要と考えます。それにより、私たちの活動をOBの先輩をはじめ地域の皆様により理解していただき、地域(まち)に根ざした本当の公益法人となりたいと考えます。

《この地域(まち)の未来のために》
これまでに(社)羽島青年会議所はいろいろな方面で、事業展開してきました。その事業展開も、その時代において一番最適な方法を導きだしてきたと思います。その結果として、40年の歴史を築いてこられたのだと信じます。
 私たちがこの地域(まち)の未来の為にしなくてはならないことは何かをしっかり考え、その事柄の大小に関らず確実に実行していく意思が必要です。
さらに私たちはこれまでのいろいろなまちづくりの経験からいろんなノウハウを持っているはずです。このノウハウを地域に還元しましょう。時には旗をふり地域住民の先頭にたつことも必要ですし、時にはまちづくりをしている他団体を影で支えていくことも必要です。そうした行動をすることによってこの地域(まち)にとってなくてはならない存在、頼られる羽島JCになりましょう。

《おわりに》
何事も失敗を恐れていては未来を築いていくことはできません。行動を起こさなければそれはすべて失敗につながります。

思考から試行へ、失敗を恐れずにいきましょう。
ここに一緒に頑張る仲間がいるのです。
すばらしい羽島JCに、すばらしい羽島にするために、すばらしい未来を築くために、
メンバーで一緒にがんばって行きましょう!




平成20年1月1日 元旦
2008年度 (社)羽島青年会議所
第40代理事長
堀 登司仁




スローガン
共に夢を語り挑戦しよう!
〜ふるさとの未来を築くために〜

基本方針

・ 創立40周年事業の成功
・ 地域の未来のための事業展開
・ 会員拡大による組織の活性化
・ 公益社団法人取得のための事業強化



委員会メンバー構成表


2008年度 出向者









Copyright 2007 HASHIMA-JC All Rights Reserved. 社団法人羽島青年会議所

















SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO