3月の事業
3月例会
2007年3月18日(日) 『羽島献血まつり』〜明るい未来に向けて〜 開催のご案内

   3月18日(日)に (社)羽島青年会議所主催の『羽島献血まつり』を Wing151 トミダヤ南広場で行います。  当日は、来場者に風船配布、 午後より子供太鼓演奏会を実施します。  皆さま!ご来場お待ちしております。

献血受付者数 138名
献血者 101名
(内400ml献血者 74名)

当日の模様

3月例会「羽島献血まつり」に多数の皆様のご参加ありがとうございました。
感謝の言葉もございません。
私どもの運動をご理解いただき、
過分なる御厚意を頂戴致しましたことは、身にあまる光栄に存じております。
お陰様を持ちまして、多くの方々にご理解と御賛同を頂き、一同、深く感謝するとともに、
今後もますます、この献血活動に力を入れて行こうと固い決意を新たにする次第でございます。
当日はJCメンバーが、風船、ティッシュ配りをさせていただきました。
皆様とふれあいをもてたのをとてもうれしく感じました。
また、子供太鼓の皆様には、ボランティアで寒い中とてもよく頑張って頂きました。
子供太鼓のみなさまのご協力により、より多くの皆様へ献血活動をPRさせていただけたかと思われます。
子供たちが楽しく演奏していた姿を見ると、私自身、心がとても熱くなりました。
献血結果ですが、当日は多少風があり、肌寒かったにもかかわらず、138人の皆様にご協力いただきました。ここ数年間の間では一番多かったと聞いております。ありがとうございます。
また、メンバーのみなさまに関しては、地域にお住まいの方々に対し献血活動を通じ、
羽島青年会議所を認知してもらう為に一丸となれ、うれしい限りです。
本当にありがとうございました。

最後に献血活動は羽島青年会議所として年2回行ってます。
今後も活動の際には皆様の暖かいご支援、ご協力をお願い致します。

ありがとうございました
 交流・渉外委員会 委員長 大島 典之







東海地区事業
東海地区協議会「地域の力創造委員会」主催による道州制を考えるセミナーについて

3月25日(日)、名古屋市のウィル愛知の大会議室にて
東海地区協議会の「地域の力創造委員会」主催による道州制を考えるセミナーが開催されました。
「今なぜ道州制か?」激論!賛成派・反対派という事業名で、
第1部では四日市大学の小林慶太郎助教授による講演会、
第2部では委員会メンバーによるディスカッションが行われ、
羽島青年会議所の大野君もパネラーとして壇上で熱く議論を交わしていました。
道州制を今後考えていく上で出てくるであろう論点をこの事業でシュミレーションすることができたと思います。
東海地区でも引き続き取り上げられるテーマですので、皆さんも一緒に勉強していきましょう。









Copyright 2007 HASHIMA-JC All Rights Reserved. 社団法人羽島青年会議所
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO